itami hospital

平成29年市民公開講座(栄養管理)20170826 平成29年8月26日(土)14時より、スワンホールにて栄養管理担当が「~見ておいしい・食べておいしい 嚥下食のお話~」をテーマに「第83回 市民公開講座」を開催しました。
 座長は中井副院長、演者は岩佐栄養管理担当主幹、白居主任調理師、小田管理栄養士が講座を行い、最後に嚥下食ときざみ食の食べ比べ試食会をおこないました。市民93名が参加し、昨年に引き続きたいへん楽しい市民公開講座になりました。
 

 演題1『嚥下食の学会基準について』岩佐栄養管理担当主幹 講演
 演題2『当院嚥下食の基準について』小田管理栄養士 講演
 演題3『嚥下食の料理方法について』白居主任調理師 講演
 試食会『当院嚥下食3ときざみ食の食べくらべ会』
上記の3講演と試食会をおこないました。

 市民の方からは料理と試食についての意見を多くいただき、当院の嚥下食についてもたいへん興味を持っていただきました。また、終了後も地域施設の方々から多数のご質問があり、よい反響だったのではないかと感じています。
 これからも北阪神医療圏域の中核病院として、食を通じて地域に貢献できるよう努めてまいります。

医療技術部 栄養管理担当
( 写真クリックで詳細表示)


6階西病棟では、毎月認知症認定看護師による認知症の勉強会が行われています。
認知症の患者さんが入院生活に困らないようにという思いで勉強会が行われていますが
自分のこと、親のこと、祖父母のことなど身近な人を思いながら、様々な意味で勉強になっています。
毎回出てくるワードがこれです。
「そっと・やさしく・さりげなく」
この言葉を思いながら日々看護をしています。

6階西病棟 主任O

第83回市民公開講座(ブログ)20170826  8月26日(土)スワンホール 3階多目的ホールにて、「見ておいしい・食べておいしい 嚥下食のお話」というテーマで市民公開講座を開催しました。
 座長に中井副院長、演者に「嚥下食の学会基準について」の話をした岩佐栄養管理担当主幹、「当院嚥下食の基準について」の話をした小田管理栄養士、「嚥下食の料理方法について」の話を白居主任調理師が行いました。また、「当院嚥下食3 と きざみ食の食べくらべ会」の試食会もあわせて実施しました。
 93名の参加者があり、アンケートのご意見の中には、『市民病院が市民のために地域で果たしている役割がよく伝わってきた』、『魚がこくがあってとても良い味でした』との声をいただき、当院栄養管理の取り組みが評価されたのだと感じました。
 これからも市民の方々に興味を持ってもらえる市民公開講座の開催を目指して参ります。

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)

7月行事食報告書(七夕)20170707 7月7日(金) 入院中の患者さんに、七夕を楽しんでいただくため、昼食に行事食および七夕イベントを実施しました。

主食:七夕そうめん・めんつゆ   
主菜:ハモの照り焼き
副菜:白菜の煮浸し
デザート:天の川ゼリー
添付物:行事食カード
    七夕の短冊

当日の食事には短冊を添付し、また事前に栄養管理職員が病棟に設置した笹に、患者さん自身が願い事を書いた短冊をさげる七夕イベントも実施しました。このイベントを通じて、入院中の患者さんが七夕を楽しんでいただき、そしてたくさんの願い事を届けるお手伝いができたと思います。

医療技術部 栄養管理担当
( 写真クリックで詳細表示)

第82回市民公開講座(ブログ)20170805  9月2日(土)に患者サービス向上委員会主催で、ジャズサウンド奏者「わたくりフレンドリーバンド」、ボーカルとギターのデュオ「マクロバテックス」のご出演によります夏のロビーコンサートを開催しました。
 関西エリアを中心に活動中のミュージシャン達の集まりで構成されています「わたくりフレンドリーバンド」の迫力あるジャズサウンドや各地域の音楽祭や福祉施設、公共施設での演奏経験もある「マクロバテックス」のボーカルとギターデュオの聴かせる歌声に、参加者113名の方々には癒しの時間となりました。

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)

小児科病棟絵本聞かせ会20160825   8月25日(金)13:30~14:00、NPO法人兵庫県子ども文化振興協会の協力により『絵本パフォーマンス』を小児科病棟のプレイルームで開催しました。
 絵本パフォーマーである岸田典大さんは、それぞれの絵本に合った作曲をされており、その音楽に乗せて一言一言に抑揚と動作を付け、表情も豊かに演じるような読み聞かせを披露していただきました。
 合間に挟まれるお喋りも笑いを誘う語り口で、子供も大人も楽しめたステージでした。

医事課M・T
( 写真クリックで詳細表示)

第82回市民公開講座(ブログ)20170805  8月5日(土)スワンホールの3階多目的ホールにて、市民公開講座「狭心症・心筋梗塞と不整脈のおはなし」を開催しました。
 座長に下山循環器内科主任部長、演者に「狭心症・心筋梗塞を知る」の話をした嶋本循環器内科医長、「心房細動のカテーテル治療」の話をした山本循環器内科部長、「安心して心臓カテーテルを受けてもらうために~術前訪問について~」の話を太田INE看護師が行いました。
30度を超える暑さの中、243名の市民の方々が足を運んでくださり、循環器の病気や治療に対する関心の高さを感じました。

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)

復職支援研修では、認定看護師からの実演を含めた講義や看護技術の演習を行っています。
実技は、清拭や洗髪の演習と静脈注射・輸液ポンプの取り扱いなどで、研修者からも好評です!
今回は、平成29年10月7日 土曜日に行います。是非、ご参加ください。
なお、2回目は、平成29年11月11日 土曜日に企画する予定です。こちらにもご参加ください。

参加される場合は、希望日、氏名、連絡先(携帯電話)をメールまたはお電話にて、お知らせ下さい。
(お申し込み先)itami-hp@city.itami.lg.jp   072-777-3118(総務課人事研修担当直通)

研修担当看護師


5東病棟は血液内科、糖尿病内科、眼科の混合病棟です。
抗がん剤を扱う機会が多いため、緊張感を持ちながらスタッフ同士協力し合っています。
先日の病棟会では教育係が主となって、抗がん剤投与中の急変患者を想定してどのように対応すべきかを学びました。
グループに分かれてじっくり経験することが出来ました。
先輩からアドバイスを受けることができ、急変対応をしたことがないスタッフにとって良い機会となりました。
今後の看護に活かしていこうと思います。

看護師 K・K

幼な子われらに生まれ(映画)20170801 重松清原作、三島有紀子監督の映画「幼な子われらに生まれ」のロケーションの一部を市立伊丹病院で撮影されました。
撮影は平成28年6月12日(日)に行われ、スタッフ25名、関係車両10台、雨のシーンを撮影するため大量の水を放水しました。俳優は主演の浅野忠信さん、田中麗奈さんを含む5名が、ロケーション撮影に来られ、迫真の演技に圧倒されました。

映画「幼な子われらに生まれ」 
平成29年8月26日(土)より全国ロードショー
大阪・兵庫の上映館は
テアトル梅田、シネマート心斎橋、イオンシネマ茨木、シネ・リーブル神戸、豊岡劇場

経営企画室 広報担当 中村 隆
( 写真クリックで詳細表示)